“ハルハオリ”特集

春の羽織りといえば、やっぱりスプリングコートが思い浮かぶのではないかと思います。

 

コートは、NAVY.WOで大切にしているアイテムのひとつです。

ブランドの思いを伝える、きれいなスタイル。でもちょっと他には無いデザインやディティール。

コートからNAVY.WOを知っていただいた方も多いのではないでしょうか。

一番外側に着るアイテムだから、 NAVY.WOらしさをギュッと集めた1着になるように。

 

ネットショップはこちらから→【ベルト付き・ライトアウター】

 

 

でももっと大事にしたいのは、着た人がきれいに見えること。

 

今年の新作春コートを作るにあたってデザイナーとパタンナーが考えたことをちょっとご紹介します。

『オーバーサイズ、bigシルエットのコートが気分だけど、、、』

『ハンガーで見るとカッコいい!と思うのだけど、着てみると思ったのと違うということが多いよね』

『やっぱり身長かなぁ』

『. . . . . 』

 

どうしてだろう、どうしたらカッコ良くなるのかしら?

モデルさんのように身長が高くない、普通の私たちでも本当に似合うボリュームコートが作りたい。

というところから出発しました。

 

そのために大切なのは、シルエットとボリューム感、衿ポケット等の大きさのバランス。

そして、来たときのサイズ感の見え方。

 

この見え方を一番左右するのが、肩まわりの印象なのでは?

という結論から、一つは、この独特な肩〜袖付けあたりのデザインが生まれました。

切り替えの様子から、

『ドロップの肩線だと、身長がないとバランスが取りづらい。』

『ただのラグランやセットインより、堅くない雰囲気にしたい。』

という気持ちを読み取っていただけるでしょうか?

 

腕を下ろした時の、前側のすっきり感も大事にしています。

ここがすっきりしているとボリュームがあっても体が大きくみえにくいと思います。

逆に後はボリュームを見せて、雰囲気を楽しめるように。

 

 

 

もう一つは、衿の大きさと形、ベルトで決める全体のバランスです。

 

少しだけ立ちあがる小さい衿は、ゆったりシルエットに対して軽やかな印象を与えてくれます。

ベルトの位置は割と重要で、全体のボリュームに対してこれより上でも下でもないという絶妙なバランスを、検討を重ねて決めました。

きちっとしめたときのバランス、ラフに着流したときのバランス、色々試して欲しいと思います。

 

 

ボリュームのあるコートは似合わないから。という方にも是非試してみていただきたい春コートです。

新しい発見があるかもしれませんよ!

 

 

ベージュとオレンジの2色展開

ネットショップはこちらから→【ベルト付き・ライトアウター】

 

 

 

 

 

~~ その他にも。春のコートをご紹介 ~~

 

 

【キュプラポリエステルツィル・ハーフコート】

ネットショップはこちらから→【キュプラポリエステルツィル・ハーフコート】

blogはこちらから→【new ITEM story】柔らかいジャケット

 

 

 

【ヴィンテージ調サテン・ハーフスプリングコート】

ネットショップはこちらから→【ヴィンテージ調サテン・ハーフスプリングコート】