前にもこのblogで書きましたが

昨今よく目耳にする<sustainability.サスティナビリティ>。

一般的には<環境・社会・ 経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方>

という事。

 

様々な意味合いで解釈できますが、

結果、<本質を捉えること>が大切な事。と私は受け止めています。

 

ファッションに置き換えると,

NAVY.WOをご愛顧いただいている皆様(特に自由が丘店をご利用いただいている方)は

知ってくださっていると思いますが、NAVY.WOはブランドスタートの2007年から上記の考えが根付いており、長い間お客様の寛大なご理解の元、下記の取り組みを続けてきております。

 

ブランド袋はリサイクルできる紙100

お客様にお申し出に反対されなければ、お買い上げ金額・商品単価に関わらず、色移りなどの影響のないものなどは、紙袋に直入れでお渡し。(無駄なPP袋は使用しない。お包みする場合は紙包装。袋を留めるシールも紙のものを使用しています。)

今年からは商品に影響のないもものは、不要な包装もブランドとしては極力行っていかない方向で検討中です。

 

まだ未熟な点、ご迷惑おかけしている点もたくさんありますが、

一人一人ができることからひとつずつやっていかなくては始まらない。と捉え粛々と10年続けてきました。

 

 

企業や会社の事を考える時、ちょっと自分とは関係ないこと?って捉えてしまうことも少なくないと思うのですが

企業は会社は別個体ではなく、自分たち一人一人の集合体なのだと思っています。

だから企業の考え方っていうのは、そこで働くひとりひとりの理念の集合体だと。

そして、私の勝手な思いなのですが、NAVY.WOを選んでくださっているみなさまも、

どこか共鳴してくださる部分を評価してくださっているのではないかと受け止めさせていただいております。

 

私たちは、先シーズンより、革屋さんと共に

<0(ゼロ)BAG>という レザーBAG  のプロジェクトを作りはじめました。

 

カフェの業界がストローを少なくしているように、

ファッションの業界でも少なくしていけるのはショッピングバッグやそれにまつわる梱包資材は同様な部分も多いと感じています。

 

<0(ゼロ)BAG>はリサイクルレザーを再度綺麗になめして作っており、無駄なレザーを使用していない本革のBAG です。

可愛い色だったり、ウサギのような形に見えたり、、、NAVY.WOらしいオリジナリティある形のBAGに仕上がっています。

 

<0(ゼロ)BAG>を持っている。ひいては<レザーを選んでいる>ということも、明日からの未来に向けて私たちができる

sustainability.サスティナビリティ>。のサインになって広がっていけたら良いなと勝手ながらに考えています。

 

もし、よかったら、ぜひお店でスタッフ達とお話ついでに見てみていただけたら嬉しいです。

長々読んでくださりありがとうございました○                komatsu

 

 

<0(ゼロ)BAG>の詳細はこちら